HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ?引っ越す?

玉子をふわっトロにするのって

難しいーー親子丼

親子丼

お味はなかなかだったのになぁ。

かぼちゃの胡麻和えとともに。

かぼちゃの胡麻和え - コピー


先日作ったひつまぶし。

出汁の1つに干し椎茸を使った。

これ、チチの伯父さんが作ったもので。

何気に伯父さん、干し椎茸の品評会で

優秀評価だったりする。

定年とともに地元へ帰って来て

伯母さんの実家に入ってイワユル

マスオさんになった。

ずっとサラリーマンだった伯父は

農業なんて殆んどしたことなく

当初は色んな人から色々言われたようだ。

そのうち、波平さんが旅立ち

残った椎茸の菌床。

自分家で食べる分の菌床だったのを

規模を拡大し、とっても立派な

干し椎茸を作るようになった伯父は

もう立派な椎茸農家だねー。

そんな田舎事情。


ヒナが義実家へお泊りを週末からする。

当初、チチだけが送っていく予定だった。

しかし、さくらも呼ばれ。

どうやらさくらがこうなって‘同居’を

勧めてくるようだーー。

さくらちゃんはそっちの方がいいだろけど

と、義父は言ったそうだが

誤解の無いように言うわ。

さくら、別に義実家周辺がイヤ

ってわけじゃない。

さくらがまた今ほどになる前

チチに提案した。

チチが1人で背負いこむのは

分り切った事だったので

さくらの実家との同居も含めた引っ越

義実家周辺への引っ越しを提案したの。

そしたらチチが1人で大丈夫、

オレが頑張ればイイっちゃろ

と、頑なになったからさくらもそれ以上

言わなかったんだよーー。

このままチチ1人背負わせてイイ訳ない。

義実家に行けばヒナの心配も随分減る。

さくらの通院も誰かしらが付き添ってくれる。

その点は田舎独特の

良きにつけ、悪しきにつけなんだろう。

ただね、義実家での同居はムリだ。

義父母云々ではなく、昔の家だから

細かい段差が沢山あるしね。

かといって。

リフォームも諸事情でできないし。

嗚呼、伯父はねイイ意味で

地元以外を知っている。

一方、義父母は地元にどっぷり

浸かっている。

さて、どーなるんでしょうかねー。


ここまで書くのに途中ヒナの相手をしながら

4時間くらいかかった。

ブログ書くのも一苦労よーー。





最後まで読んでくれてありがとう
前を向くエネルギーになります☆彡
   ↓        ↓
     
  





Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィ~ル

sakura

Author:sakura
アラフォー世代
一児の母で病気持ち

初めての方はカテゴリの
‘御挨拶’をお読み下されば
病気の事は解って頂けると
思います。

病気持ちだけど
普通に主婦して
子育てに奮闘して
日々大切に暮らしています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事+コメント
検索フォーム
カウンタ~
今、見てる?
現在の閲覧者数:
ヒナ、何歳?
今、何位?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。