HOME
INDEX
RSS
Archive | 2016年12月

こんばんは

こんばんは
さくらの夫、チチです

早いものでさくらが旅立って1ヶ月半が過ぎようとしています。
11月の終わりからクリスマスまでのこの時期、さくらが好きな時期でした。

みなさまのさくらを想うコメント、ありがとうございました。
また、コメントへの返信もせず、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

色々考えたのですが、コメントではなく記事で書き入れました。
ブログは初めてですので読みにくかったり、さくらのブログに私が記事を書き入れるのは不快と思われる方もいらっしゃるのではと思いましたが、どうかご容赦ください。


9/8の夜、誤飲性肺炎で通院している病院へ救急搬送され、自宅で過ごしたいとのさくらの希望で9/28に退院しました。
私は介護休業し、さくらは訪問看護を毎日2回、緩和クリニックの往診を週2~3回受ける事になりました。
嚥下低下による24時間点滴、カテーテル、歩行困難、タンの吸引必要となり、また、言葉が発しづらくなり、伝えたいのに伝わらない、聞きたいのに聞き取るのが難しい状態でした。
複視、視力の低下がありましたが、平仮名を書いたB4やA3サイズのボードをつくり、文字を指さしてもらい、私やヒナが復唱しながらメモしていきました。
また、掌や背中に文字を書いてもらい、復唱しながらメモしていきましたが、それでも文章にならない事も多く、2分程で終わる会話が、30分以上かかるといった具合でした。
また、意思疎通ができないストレスと、話しの内容による言い合いが絶えませんでした。

言い合いは絶えなかったのですが、痛む肩や右脚のマッサージしたり、鎖骨下あたりをさすったりしていたら気分が良さそうでした。
しばらくたった後、今までどおりの「よくある家族の会話」もするようになりましたが、3週目ぐらいから病状が日々進行していき、自分で身体を動かすことも難しく、寝たきりとなり眠る事が多くなりました。
かろうじて開く左目で私達を追って合図をくれたり、左手で手を握り返す程度となっていきました。ただ見守る事しかできませんでした。

10/28の明け方、タンを吸引し、ヒナを学校に送り出し、いつも通りさくらの顔や手を拭こうとした時、顔色が悪く、また、熱があるのかと思うくらい暖かいのに手足の指先も青白くになっていました。
丁度、訪問看護士さんが来て診察を始めましたが、「脈が凄くちょっと目を離した時に亡くなる可能性があり、さくらさんの体力次第です。ヒナちゃんを学校から呼び戻したほうがいいかも。」と言われました。
看護師さんがクリニックに報告し一旦帰り、その後様子をみていましたが、さくらが大きな声(?)を発しました。
話しかけながら駆け寄り、ヒナを呼ばなきゃと思い、すぐに学校に連絡しました。
その間、 聞こえる?、すぐに帰ってくるよ と呼びかけていました。
10分程してヒナが帰ってきて、さくらに「ハハ、ただいま」、「さくら、ヒナ帰ってきたよ、聞こえる?」と2人で呼びかけていました。
しばらくして、さくらは両目を開き、呼びかける私達をしばらく見つめて、両目を閉じました。
ただ眠るような、とても穏やかな表情でした。


書いていない事も書きたくない事も沢山あり、何度も心が折れそうになりました。
でも、以前からさくらが「自宅で家族と過ごしたい」と言っていたこと、そうさせてあげたいとの想い、クリニック,訪問看護,見守りのボランティアさん,ケアマネさん等の助けもあり、なんとかやっていけました。
ヒナも訪問看護士さんの手伝いをよくやってくれました。また、さくらのご友人もみなさんいい方たちばかりでした。

さくらが新たにブログを始めた事は、さくらの挙動(笑)で何となく・・かな?と思っていました。
でもそれについては詮索しないし何も言うまいと思っていましたが、私の態度に出ていたみたいです。
今年、ひょんな事からはっきりと見つけてしまいましたが、見ないようにしていました。
ヒナに聞いたら「ひなたぼっこでしょ、知ってる、書いてるの見てたりしたもん」との事・・・・。
(ブログに、私にバレたかも・・と書いてありましたが、覚えてないなあ・・)
私は他の人にあまり相談せず1人で考えこんでいたのが多かったので、この様な場を設けていたさくらが羨ましいです。
(私の友に話す→さくらとも繋がりがあるのでリーク・・。病状については専門外ですが私の主治医の先生も私の相談に色々と乗ってくれました。)

私は幼少時のケガ、成人後のCMLもあり、結婚などする事はないと思っていました。
まして子供なんて、私のケガのせいで今度は子供がいじめられたりしないかと。
でも、さくらと出会い、日々2人で過ごしていくにつれ、初めてあたたかな「光」というものを感じました。
そしてさくらが闇の中にいる私を助けてくれました。
失うものが何もないどうでもよかった私に、初めて失いたくない大切なものが生まれました。
恋が愛にかわり、結婚し、2人にとって大事なヒナも誕生しました。
さくらは幼少の頃から苦労してきたので、私がさくらの心の支えになれればと思っていました。
でも、私はさくらを理解しようとしていたのか?,本当に支えになっていたのか?,さくらの愛に答えていたのか? と感じています。
私の前で泣いてくれてよかったのに,甘えてくれればよかったのに・・、でも私は何の力にもなれず、すれちがいをおこし、さくらの心に負担を強いてしまってただけでした。
空いた穴は大きすぎて埋めることはできません。
考えてもどうにもならないのは分かっています。でも、考えてしまいます。
私はさくらが求めていたものに答えられませんでした。
そんな時にみなさんが支えになってくれたからこそ、さくらは前を向いていけました。
みなさん、さくらの力になってくれてありがとうございました。



さくらへ

そっちはどう?
さくらと出会って一緒に過ごしてきた13年、とても大切な13年でした。
良いこともあれば悪いこともあった、すべてが我々家族の大切な思い出です。
でも、さくらは私を助けてくれたけど、私はさくらを助けることができませんでした。
支えになれず、ごめんなさい。

さくらの友人から中学、高校時のエピソードを初めて聞きました。
一緒に齢を重ね、お互いまだ聞いたことのない話をたくさんしたかったです。
そして、ヒナと女子トークしている2人を羨ましそうにみることが出来ず残念です。

ヒナはさくらとのことをよく話しています。もう痛くないよね、楽になったよね、といつも言っています。
また、さくらが伝えようとしていたことが分かってきているようで、きちんと受け止める事が出来てきているようです。
私もヒナに、ハハとこんなことしたよ,あんなことあったよ,こう考えていたんだよ,ヒナはこんなに愛されていたんだよ とよく話しています。眠る時、寂しいと言っているので、夢の中ででも話しかけてやってください。

私はふと、付き合っていた頃や、結婚して間もない頃をよく思い出します。
悲しさ、寂しさ、後悔で涙が流れますが、そればかりではなく、「こんな事あったよな」とか「強烈すぎて何度も話しのネタにしたな」と、ふと笑ったりすることもあります。
あなたの姿、声、匂い、すべてが恋しいです。
「帯状疱疹」もいまでは笑い話・・・にして。

ジンも、普段文句ばかりが、優しい声で鳴きながら私によってきます。
さくらとの最初の子(!?)なので、本当の家族3人と猫1匹で暮らせればと考えています。
食事はさくらが残したレシピ帳を見たりして作っていますが、同じレシピでも、やっぱりあなたの作ってくれた料理が最高です。

私は前から言ってるように‶がんばる‶という言葉は苦手なので、どう言っていいのか分らないけど、また歩き始めるので、ヒナを見守ってください。
でも、たまに立ちつくしてしまって、私1人で涙を流すのは大目にみてください。

そうそう、旅立った後、あなたの得意な後出しじゃんけんが多々あり、悲しむとかではなく、もやもやする事があります(苦笑)。
いつになるかは分からないけど、もし私を待っていてくれるなら、小一時間ほど小言を言わせてもらうので覚悟しといてください(笑)。

さくら、ごめんね そしてありがとう これからの日々もよろしく。


チチ
プロフィ~ル

sakura

Author:sakura
アラフォー世代
一児の母で病気持ち

初めての方はカテゴリの
‘御挨拶’をお読み下されば
病気の事は解って頂けると
思います。

病気持ちだけど
普通に主婦して
子育てに奮闘して
日々大切に暮らしています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2016年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事+コメント
検索フォーム
カウンタ~
今、見てる?
現在の閲覧者数:
ヒナ、何歳?
今、何位?