HOME
INDEX
RSS
Archive | 2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度差

デジカメの調子が悪くて、お弁当写真は次回にまとめて。

何だか、暑い。

非常に暑くて、今年も去年のように暑いんだろうか。

そんでもって節電?

勘弁して。

ヒナ、既に汗疹が凄いんですけど。

先週末、残っていた右上の親知らずを抜きまして。

そもそもね、これ。

親知らずなのに、インレー(虫歯治療)してました。

イヤイヤ、親知らずだから抜いて下さいって言ったのに。

抜かずにインレー。

もともとは、左下の奥が何となく痛くて歯科に行って

その日に左上の親知らずを抜かれ、

次に行ったら、右上の奥から3歯の治療をされて。

だから、私は左下が傷むんだって。

自慢じゃないけど、さくら。

銀の詰め物なんて今まで1つも無かったのに。

いくら上の奥3歯だからって、いきなり削りだして

そんで、保険内の銀の詰め物にするか

自費のセラミックにするか云々って、どういうこと!!!

そんで、もともとの主訴だった左下は結局手をつけず。

何もないんだったら無いで、説明くらいしてよ。

そんな歯医者だった。

で、その右上の親知らずが10日くらい前から何となく痛み出し

チチとヒナがお世話になっている歯科に先週末予約入れて

診て貰ったら、例の親知らずが虫歯になってたとさ。

下手にインレーとかにしたから、そこから虫歯菌が繁殖しちゃって。

前の歯科では、生え方が斜めで抜歯が大変だ~とか言ってたけど

今回の歯医者さんは、サクっと抜いてくれたわよん。

歯科とか、外科でも整形とかは、まあ医師の当たり外れが

如実に分かる。

診察している医師も、痛さなんかを

自分達も体験してたりするから

患者の訴えを理解しやすいと思う。

内科も何となく、痛みとかは解るのかなぁ。

しかし、脳外科の場合。

脳からくる痛みだとか、脳からくる吐き気とか

脳のふらつき、脳の混乱・・・・

とにかく、脳からくる症状は体験しないと

絶対に解らない。

即ち、診断している専門科である医師達には

とうていどんなモノなのかは理解なんてできないんだよね。

このことは確かいつかの日記にも書いた事。

それを少しでも理解して貰おうと、色んな表現を使って

さくらは訴え、伝えてきた。

幸いにも、主治医であった准教授や入院時の担当医は

どうにかそれを理解しようとしてくれていた。

チチもそう。

チチは病気は違えど、患者の立場の人なので

さくらの伝わらないもどかしさを理解しようとしてくれていた。

さくらは現在、母と絶縁状態だが

母はさくらの病気発覚当初からを知っているので

確かに、人としてどうなの?という事をさくらに言いもしたが

ある意味、病気のさくらの事をシビアに見ていた。


しかし、世の中そんな人達ばかりじゃないんだよね。

ホント、温度差を感じる時ってある訳で。

義父母や義実家の周りの人達にとっては

さくらが病気だという事は解ってはいるが

それが実際問題、どこか遠い現実の話になっている。

確かに、出来るだけそうなるように願っている。

しかし、一方で近い将来での事も考えておかなければならない。

その辺の温度差がね・・・・・。

義実家同居、今回のタイミングを逃したら

本当に、次はもうなかなか難しいと思う。

義父母達は簡単に考えているけれど。


さくらは、田舎の本家の農家の長男の嫁として

覚悟を持って嫁いだ。

病気になり、二人目を諦めた時に義母に

男の子が産めずにすみません、と謝罪した。

結婚する前から田植えやハウスの手伝いをしてきた。

それは、覚悟を決めていたから。

チチだってそう。

将来、農家を継ぐという気持ちがあったから。

でも、さくらが妊娠し、出産後病気が判りバタバタし

なかなか手伝いに行けなくなった。

病気の事をきちんと話、

ヒナの事を考え、先々の事を考え同居話を切り出し

結局、義父からチチは農業へ本当に取り組む気があるのか?

義実家に帰ってきてからの仕事はどうするのか?

等を、直前になって問われた。

何て言うか。

ボタンが1つ掛け間違うと、なかなかそれを元に戻すのは

簡単なようで難しい。

まだ陽も昇らない、4時台に起きて義父の作業を手伝った日々。

親戚の果樹園の手伝いをした日々。

あれらは義父母の記憶からは無くなってしまったのだろうか。

チチもさくらも、十分農業を生業としながらという気持ちはあった。

しかし、それを諸事情で反故にされた。

気持ちを上手く伝えられなかったこちら側の稚拙さもある。

でもやはり一番は、さくらの現状を理解しているか、否か

それが大きいと思う。

ヒナは色々な大きさの髪留めゴムを持っている。

先日そのゴムで顔を作って遊んでいた。

その時、‘2人家族’と言いながら

チチとヒナだけを作っていた。

さくらが‘ハハは?’と聞いたら

‘ハハはお星様になった・・・・’と言うヒナ。

誰に聞いたのだろうか、いつ覚えたのだろうか。

そんな地味だけど、物凄いパンチを出さないでおくれ~。






↓   ↓   脳腫瘍体験マシンなんかを作り疑似体験でもすれば




↓   ↓   患者を天秤にかける医者も少しはまともになるだろうか・・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィ~ル

sakura

Author:sakura
アラフォー世代
一児の母で病気持ち

初めての方はカテゴリの
‘御挨拶’をお読み下されば
病気の事は解って頂けると
思います。

病気持ちだけど
普通に主婦して
子育てに奮闘して
日々大切に暮らしています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント
検索フォーム
カウンタ~
今、見てる?
現在の閲覧者数:
ヒナ、何歳?
今、何位?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。