HOME
INDEX
RSS
Archive | 2010年10月

少しずつ

寒い。

まだ10月なのに。

前にも書いたが、日本語には

『徐々に』という言葉がある。

どうしてこうも最近の気候は

あっちこっち急激にいこうとするの?


義実家へ同居するにあたり、こまごまとした

問題というか、改善が必要な事がある。

さくら達でどうにか出来る事もあれば

どう対策を立てようかねーー?

と主治医や役場などに今後相談をしなくては

ならない事もでてくる。

今まで義実家の県に緩和ケア病棟(ホスピス)の

ある病院は2つしかなかった。

1つは義実家からだと車で2時間弱。

もう1つは車で1時間くらい。

なのでさくらは隣県にはなるのだが

車で30分足らずにある個人クリニックが

緩和ケアをしているとネットで調べたので

そこはどうかなぁ? と考えていた。

そんな中、さくらにとって『おっ!!』

というニュースを目にした。

義実家の地区に昔からあった個人病院が

緩和ケア病棟を設置し来年から

患者の受け入れを始めるのだそうだ。

なので先日帰省していた時に義父に

○○病院って評判はどうなんですか?

とさくらは聞いた。

義父は、地区は一緒といっても

例えば東京都で言うところの

品川区は一緒でも、学区は遠いのでよくわからない、

なぜ、気になる?と聞かれたので

これこれこーで、と簡単に経緯を伝えた。

義父、どよーーーーん。

何て言うか。

これは義父世代だからなのか、それとも

田舎だからなのか、はたまた世間一般なのか。

やっぱり、緩和ケアっていう言葉はまだまだ

浸透していないし、聞いた事があっても

『負』のイメージが先行しているし

ホスピスとか聞くと、癌患者の最期の墓場

とかね、そんなイメージなんだなぁ。

義父母は義祖母が認知症になり

最初は家で介護をしていたが

限界になり施設に預け、そしてそのまま旅立った。

それが少なからず義父母の心残りになっている。

時間を作っては会いに行っていたそうだ。

それでもやっぱり家に帰りたいと願っていた事は

分かっていたので、元旦のお昼からの外泊届けを出し

迎えに行く予定にしていたそうだ。

その朝、旅立った義祖母。間に合わなかった。

義祖母を施設で旅立たせた事に義父母は後悔している。

緩和ケアと言う言葉を義父が知らなかったので

さくらがわかり易く『ホスピス』

という言葉を使ったのもまずかったのだが

特老等の高齢者施設は認知症等の老人が最期を迎える施設

ホスピスは癌患者が終末期を一人で迎える病院や施設

いうイメージを義父を持っているようだ。

今の緩和ケア病棟は一度入ったら出てこられない

というわけではない。

暗く、辛気臭い、そんな病棟のところもない事はないが

緩和ケアという分野は随分変わってきた。

時間をかけてゆっくりと色んな事を話していくしかない。

それにはさくらと一緒にこれから生活をし

さくらをみて貰うのが一番だと思っている。

新設されるその病院が義父母のイメージを

少しでも変えてくれるキッカケになれればいいな。


抗がん剤の事もそうだ。

チチと昨夜この話をしていた時、

正直、俺はテモダールを一定期間飲んで

効果がないならスパっと止めるという事は

う~~~ん・・・って思う自分もおるんやけどね・・

と言われた。

確かに、その気持ちはわかる。

なのでさくらは

そうよね。さくらの言葉足らずやったね。

効果がなかったら、て言うのはさ。

画像では変わらず、グレードも変化なしでも

感覚的、行動的に以前より生活に支障が出てる

とかそういう場合ね。

それなら、抗がん剤をスパッと止めるのは難しくても

量を減らし緩和ケアに重点をおき対処療法しながら

QOLを大切にしたいんだよね。

と伝えた。

医師から処方を受けられるのに抗がん剤を

飲むのを止めます、

義父母達はその状況になると間違いなく

大反対するだろう。

実際、その時にならないとわからないので

今からあれやこれやと考えても一緒だし

この事はもう考えない様にしているが

やっぱり、それまでの日々の生活の中で

さくらの事を見てもらって知って貰って

今はこう思っていてもさくら自身、

その時は考え方も変わるかもしれないから

今言える事は、さくらが後悔しない選択を

自分でする、という事だけだ。

義父母はチチの時にも色々と悩んだ。

そして今度はさくらだもんなぁ・・・・。

一度に色々と押し付けるように焦って話しても

かえって心の壁を作ってしまう。

少しずつね。

一緒に暮らす家族だもの。

時間をかけて少しずつ・・・・。



↓   ↓  義祖母は義父母のこと、ちゃんと分かっていて




↓   ↓  ありがとう、って言っていると思います・・・。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
プロフィ~ル

sakura

Author:sakura
アラフォー世代
一児の母で病気持ち

初めての方はカテゴリの
‘御挨拶’をお読み下されば
病気の事は解って頂けると
思います。

病気持ちだけど
普通に主婦して
子育てに奮闘して
日々大切に暮らしています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事+コメント
検索フォーム
カウンタ~
今、見てる?
現在の閲覧者数:
ヒナ、何歳?
今、何位?