HOME
INDEX
RSS
Category | 家族(実家編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳かき1掻き分

チチは若者言葉で言う‘色白メンズ’

さくらもまぁそれなりに色白に分類されると

思っていたんですがね、彼の白さには及ばず。

そんなチチは日焼けしても黒くならずに赤くなるタイプ。

先日の海水浴でもヒナはこんがり小麦色に焼けましたが

チチは赤く‘触るな危険’オーラを出してますよ・・・。


さくらの身近な人、伯父なんですけどね

実はさくらと同じ病だったりするらしい。

「らしい」っていうところが何ともね・・・。

いやね、脳の病気でも血管系だと聞いていたから

最初の手術の後、若干片足に麻痺が残っていたが

それも血管系の後遺症だと何ら疑いもしなかった。

で、さくらは自分の入院時に伯父も脳腫瘍だと

祖母から聞いた次第でして。

祖母も詳細は理解してなかったし

伯父とそんなに付合いがある訳でも無いので

わざわざ詳細を聞くという事もなく月日は流れ

その間に二度伯父は手術をしたそうだ。

生真面目な伯父は相当に病がストレスだったようで

心のバランスを崩してしまう。

そして暫く病院へ入院した。

退院後、ようやく落ち着いた伯父と母が話した。

来月定期検査があるらしい。

その検査次第でまた手術をするかどうか決まるそうだ。

主治医は手術を勧めてくるかもしれないが

だがもう手術はしたくない、しないと伯父は言ったそうだ。


伯父の腫瘍の状態がどういうモノなのかわからないので

迂闊なことは言えないのだが

さくらもこの先、脳を開く事はもうしたくない。

脳自体の痛み、というモノは本当に経験した人にしか

解らない痛みだと思う。

たった耳かき1掻き分の脳細胞を採っただけの

手術だったにも係わらず、術後3日間の頭痛ときたら

とにかく半端なかったし、その後も相当なものだった。

お陰でさくらは痛みにはかなり強いという事が判明したが(笑)

髄液の漏れを抜くのも遠慮したいし、そんな記憶諸々

考えると伯父の‘もう手術はしない’という気持ちは判る。

ひょっとすると家族の立場としては違うのかもしれないが

患者の立場として伯父の気持ちは解る。

伯父の選択、これも患者の選択としては在り得ることだ。


心のバランスを壊して入院した伯父だが

そんな伯父を支えていた伯母もギリギリのところまで

きていたようだ。

伯父の病院へ通う毎日を続ける中、家の中で倒れてしまった。

幸いにもご近所のお友達が心配して訪ねて来てくれたので

救急車を呼んで色々対処して下さったそうなのだが

患者もその家族も一人で背負い込むのは本当によくない。

患者も家族も立場は違えど‘病’とは闘うんだよね。

ある意味家族はねきっと患者とも戦うんじゃないかな、と

さくらは最近思う。







↓   ↓   海は広い~な 大きいな~




↓   ↓   月は~昇るし 陽は沈む~

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

こんな時じゃなくても

2回目のボトックス注は、ジワジワキテマス・・・・。


前回顕著に感じた‘ふらつき’や‘視力低下’は

今回はまだ幾分かマシです。

その分、左目の痛みがハンパ無くて。

目からだんだん目の奥、左顔面の痛みに広がり

これが結構地味なんだけど、さくらには十分効いてます・・・。

痛みって色んなモチベーションを削ぐよね。

そんな中で、午前中に義実家から毎年この時期恒例の

葡萄が送られてきまして。

ヒナと二人でヤッターと言いながら

取り敢えずお昼に食べる分を冷蔵庫に冷やして

買い物に行こうと用意してた訳です。

そしたらば、携帯が鳴りましてね。

着信音も、自分で設定しておきながら

えっ誰?って携帯を覗き込んでしまう相手で。

・・・・・・実家からでした・・・・。

いつぶり?それすらもう解らん。

オソラク、1年以上は経っているよね。

留守電にメッセージを残していたので聞いてみたら

義母が実家にも葡萄を送っていたらしく

そのお礼の電話をしたそうなんだが義実家は留守だったので

さくらからお礼を伝えてくれ、

さくらやヒナは変わりはないか?

何かあれば、連絡をくれ、

今月、弟のところに子供が生まれる

こんな感じの事を話していた。



何て言うか。

どうしても、さくらの中で

‘あんたもあと2、3年は大丈夫やろ?’の言葉が

引っ掛って普通に話す事はもう出来ない。

仮に今、話す機会があったとしたらさくらは

取り敢えず、2年は生きていられそうよ

と間違いなく母に言うだろう。

それを言ったところで、何も始まらないし悲しくなるだけ。

重々判っているんだよね、自分でも。

母のことだ。久しぶりに会った第一声目がそれだと

確実にまた、自分の蒔いた種なのにそれは棚に上げて

さくらの事を非難しだすだろう。

自分の非を認めて受入れるという事は出来ない人だからね。

子供の頃からの色んな事を一度は自分の中でどうにか処理して

その分ヒナを可愛がってくれるなら・・・と思っていたが

その矢先にさくらの心の処理場からoverのランプが

点灯しちゃうような事を言われた訳で。

もう無理だわってなってからもそれはそれで

‘絶縁’をする事には葛藤があったりもした訳で。

で、本当に全く音信不通になっていたのに。

何故にこんな今、体調が弱っている時にかけて来るの?

嗚呼何か、吐きそう・・・・。

イヤ、いっそ吐いて全てがスッキリするならどんなに楽か。


☆追記☆

今年の初めにかかってきていた模様→虫の知らせ

ブログに書いてましたね、すっかり忘れていた・・・・。




↓   ↓   週末、最後の日曜日にヒナの園友家族達と




↓   ↓   焼肉懇親会の予定なんだけどなーーーー

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村




虫の知らせ

久々に架かって来ました・・・・。



↓   ↓   別にこちらが悪い事をしている訳じゃないんだけど




↓   ↓   コール音が鳴ると思わず息を潜めてしまう・・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


続きを読む

サンタが泣いた日

ヒナのクリスマスプレゼントを

そろそろ準備しなきゃなーと

この土日でトイザラスやデパートのオモチャ屋巡り

もしくはネットで探すか?とチチと話していた。

で、前からヒナはハートキャッチプリキュアの

(必ずフルで番組名を言う)キュアサンシャインの

変身道具が欲しいと言っていた。

プリキュアを観ていた時にCMが流れたのかな?

さくらはコンパクトとか、ステッキとか

そういう類のものなのかなーと思っていたんだけど

トイザラスのHPで調べてみたところ

どうやらこれのようだった。

プリキュア

うーーーーーん。

えっとねーーーー。品切れだったりするから

人気商品なんだと思う。

でもね。さくらはヒナにコスプレは・・・・・。

で。

チチにヒナが欲しいのはこれみたいよー

とチチの反応をみた。

これはーーーーーちょっとーーー。

やめよーーー。

嗚呼、良かった。さくらと同じ反応で。

うひょー。カワユスーーー

とか言われたらどうしよ、と秘かに思ったわ。

とりあえず、キュアサンシャインは

タンバリンが必須アイテムなのでそれと

あとは何にしようかーとネットで探していたら

変身ベスト付きパジャマなるものを発見。

パジャマなら実用的だしタンバリンと

パジャマに決定した。

去年までは、何が欲しいと主張しなかったので

こちらもプレゼント選びも楽だったが

これからは毎年夢を壊さないように大変なんだろうな。

クリスマスと言えば。

さくらは幼稚園入った頃にはサンタさんはイナイ

という事をわかってしまった。

その頃、まだ祖父と一緒に住んでいた。

クリスマス前、さくらはサンタさんに手紙を書いた。

そしてその手紙を鍵付きのオルゴールに仕舞った。

大人達は何て書いたのか知りたがったが

さくらは言わなかった。

そしてクリスマスの夜、枕元に靴下を置いて寝た。

母は翌日デパートに行ってオモチャを買えばいいでしょ、

そんな感じだったんだと思う。

しかし、じいちゃんはさくらの夢を壊すのが

カワイソウに思ったんだろう。

何かサンタさんがプレゼントを持ってきた

そうさくらに思わせてやりたくて

色々探して靴下の上に置いたのが

赤いネットに入ったみかんだった。

目を覚ましウキウキして靴下を見たさくら。

その上には赤いネットみかん。

かなり呆然とし、そして泣いた。

そのみかんは前日じいちゃんと一緒に買い物へ行き

買ったみかんだという事もすぐに判った。

さくらのところにはサンタさんは来なかったんだ。

サンタさんなんていないんだ。

そんな思いで泣いたんだと思う。

すると母は

デパートが開いたらオモチャ屋さんに行って買えば良いやろ。

そんな事で泣きなさんな。

みたいな事を言ってさくらを叱った。

そしてデパートが開店する時間になって母に連れられて

たいして欲しくもない人形を買ってもらい

帰って来たさくら。

家を出る時にじいちゃんの背中をみたら

なんだかションボリしていて、泣いているように見えた。

大人になった今ではね、じいちゃんの優しさが

とっても温かくってありがとうって思う。

でも、あの時のさくらにはまだそのじいちゃんの

優しさが分からなかった。

確かにさくら、みかんが大好きだったからね。

靴下に何も置いてないないより、さくらの好きな

みかんが置いてある方がいいだろう、

それはじいちゃんの孫を想う本当の優しさ。

さくらが唯一甘えられる存在だったじいちゃん。

ごめんね。

さくらがサンタさんにお願いしたプレゼントは

確かね、オモチャじゃなかったと思う。

何だったかはもう忘れたけど、人形とか

ぬいぐるみとかそんなものではなかったと思う。

赤いネットみかん。

じいちゃんの方が母よりよっぽど

分かっていたんだよね・・・。



↓   ↓   手袋を買ったヒナはずっーと家の中でも嵌めていた




↓   ↓   コスプレセットもきっとずーっと着ていたはずだ・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


平行線

先週の金曜日はさくらの病院だった。

前回から薬を代えていたので

その成果をみて診る為の通院だったのだが

全く効果がなかったので

また次へとチェンジ。

トピナを試してみる事になった。

しかしトピナ単独での服用は保険適用ではないので

再びランドセンとの併用。

その為また来月採血も兼ねて通院しなくてはならない。

しかも。

先月あたりから舌先の痺れを感じる時があると伝えると

来月予定外のMRも撮る事になってしまった。


そんなこんなでチチは金曜日から昨日まで4連休。

なので義実家へ帰省してきた。

ちょうど義実家では稲刈りがチラホラ始まっている。

改めて来春からの同居の事を義父母と話した。

不安も正直あるが何とかなるさ。

そしてそんな決意に水を注すようなことが。

義母がさくらの実家に葡萄を送ったんだそうだ。

毎年この時期送っているので今年もその流れでね。

で。

母からお礼の電話が数日前に架かって来たらしい。

なので義母がヒナの近況を話し、

気にせずさくら宅に出向いてはどうですか?

と提案したんだそうだ。すると母は

うーーん、さくらがね・・とあたかもさくらが勝手に一人で

いわれのない事に怒っているかのような口ぶりだった。

人はそうそう変わる訳ではないからね。

母からすればさくらが悪い事には変わりなく

分かり合えるわけがない。

一生平行線のままなんだろう。

チチと義父母の三人で作業をしている時に

さくらの実家にはいつ引っ越す事を話すつもりなのか

とチチが聞かれ、チチは

直前かなー?と答えたそうだ。

一瞬、義父母はびっくりしたらしいが

まぁ、それでもいいか

とさくら達の決めた事に

理解を示してくれた。

さくら個人としては

引っ越す事すら知らせるつもりもない。

だって現に母達はじいちゃんに引っ越した事を

知らせていなかった。

じいちゃんは調べて調べてようやく辿り着いた。

その点、さくら達の場合は義実家に同居する訳だし

以前からヒナが小学生になる頃までには

同居になるだろうと話ていたので

仮に連絡が取れなくなったとしても

容易に想像がつくだろう。

もっと言えば、義母はこっそり連絡をするはずだ。

さくらとしては、父母を呼び

中立的な誰か、義両親を仲介人として

話し合いの場を持っても構わない。

しかし、それは父母の方が体裁を気にして

出来ない訳だ。

義母が気にせずに~と言ったけれど

それはさくら達親子には無理な話しなのかもしれない。

いくら親子とは言え、根深い溝がある。

この先。

さくらが体の機能がだんだん思うようにならなくなった時

そんな姿をさくらは両親に見られたくない。

以前にも書いたが、

もう最期なので会わせたい方を呼んで~という時

そして本当に出来る事なら葬儀にも呼んで欲しくない。

全て終えて無事に旅立ててから知らせて欲しいと思っている。

ここまでこじれてしまって残念だなとも思うが

全てさくらの思い込みだとしか思われていない以上

さくらから歩寄る事にはもう疲れてしまった。

さくらの事を思い込みが激しい、

自分を良くいう事に長けている

そう思いたければそう思えばいい。

しかし

脳腫瘍、それも効果的な治療法もない

脳幹グリオーマの娘に対して

あんたもあと2、3年は大丈夫やろ?

と平然と言う母の事を、さくらは受け入れる事は

どうしても出来ない。

さくらの心はそんなに広くないから。


↓   ↓  修復可能の段階にはもはや無理なのかもしれない。




↓   ↓  じいちゃんはさくらの気持ちをわかってくれるだろうか・・。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
プロフィ~ル

sakura

Author:sakura
アラフォー世代
一児の母で病気持ち

初めての方はカテゴリの
‘御挨拶’をお読み下されば
病気の事は解って頂けると
思います。

病気持ちだけど
普通に主婦して
子育てに奮闘して
日々大切に暮らしています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント
検索フォーム
カウンタ~
今、見てる?
現在の閲覧者数:
ヒナ、何歳?
今、何位?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。